製品紹介
ホーム製品紹介> Authoring Pro >機能紹介Perfect Edition 機能

Perfect Edition 機能

文書のチェックと修復

文書のチェックと修復

文書のチェックと修復機能を利用して、テンプレートの設定に基づいた文書内のチェックおよび修復が行えます。詳しくは、こちらをご参照ください。

文書の最終化

文書の最終化

文書の最終化機能を利用して、あらかじめ定めた最終化ルールに従い文書の最終化が行えます。詳しくは、こちらをご参照ください。

Authoring Pro Analyzer (解析機能)

Authoring Pro Analyzer

Authoring Pro Analyzerは、文書のチェックと修復機能で集積されたログの解析を行い、品質管理データとしての役割を果たします。詳しくは、こちらをご参照ください。

Authoring Pro Doc Manager (文書情報管理機能)

Authoring Pro Doc Manager

Authoring Doc Managerは、文書プロパティやAuthoring Proのチェック情報・最終化情報を一覧で確認・操作が行える、文書情報管理ツールです。詳しくは、こちらをご参照ください。


文書のチェックと修復

文書のチェックと修復機能を利用することにより、テンプレートの設定に基づいた自動チェックおよび自動修復が可能となります。
Perfect Edition 1

作業の記録

チェック・修復を行った結果は、記録として保存が可能です。また、過去ログを10件まで遡って参照することも可能です。
Perfect Edition 2

チェック方法の設定

Authoring Pro管理画面からテンプレートに応じてチェック方法を設定することが可能です(管理者向け)。
Perfect Edition 3

デモや試用版の利用などをご希望のお客様へ

デモや試用版の利用などをご希望のお客様は、こちらからご依頼下さい。

ページトップへ

文書の最終化

文書の最終化機能を利用して、あらかじめ定めた最終化ルールに従い文書の最終化が行えます。
最終化機能を利用することにより、文書作成の最後に必ず行うような作業を自動化し、最終処理の作業漏れを防ぐことが可能です。
Finalize 1

デモや試用版の利用などをご希望のお客様へ

デモや試用版の利用などをご希望のお客様は、こちらからご依頼下さい。

ページトップへ

Authoring Pro Analyzer (解析機能)

Analyzer 0

Authoring Pro Analyzerは、文書のチェックと修復機能で集積されたログの解析を行い、品質管理データとしての役割を果たします(管理者向け)。
解析方法は、あらかじめ集積してあるログフォルダを指定して解析ボタンを選択します(右図)。
自動的に解析が行われ、解析が終了すると以下の情報を表示します。
 
サマリー情報 | チェック別情報 | ユーザー別情報

サマリー情報

集積されたログの解析を行い、サマリー情報を表示します。サマリー情報に基づき、全体の数値を把握することが可能です。
Analyzer 1

チェック別情報

チェック別の集計が表示されます。チェック別の検出率や検出内容に基づき、テンプレートや執筆ルールなどのウィークポイントを把握することが可能です。
Analyzer 2

ユーザー別情報

ユーザー別の集計が表示されます。検出率や対応率でソートを行い、ユーザーのレベルを把握することが可能です。また、ユーザーごとの個別表示により、ユーザーの癖などを詳細に把握することも可能です。
Analyzer 3

デモや試用版の利用などをご希望のお客様へ

デモや試用版の利用などをご希望のお客様は、こちらからご依頼下さい。

ページトップへ

Authoring Pro Doc Manager (文書情報管理機能)

Authoring Doc Managerは、文書プロパティやAuthoring Proのチェック情報・最終化情報を一覧で確認・操作が行える、文書情報管理ツールです(管理者向け)。
文書情報を一覧で確認することにより、文書の状態や最終化の確認作業など、ファイルを開くことなくまとめて行うことが可能となります。また、操作機能により文書に対して設定したい情報を一括で操作及び管理することが可能となります。
Doc Manager 1

デモや試用版の利用などをご希望のお客様へ

デモや試用版の利用などをご希望のお客様は、こちらからご依頼下さい。

ページトップへ
 
Copyright © 株式会社eMaterials All Rights Reserved.